比較@派遣ジェイ > 人材派遣と業務請負(アウトソーシング)の違い

人材派遣と業務請負(アウトソーシング)の違い

人材派遣と業務請負はどちらも雇用先と勤務先が違いますが、勤務形態がそれぞれ異なります。

人材派遣とは「派遣元となる派遣業者に登録している者を、派遣先となる事業所へ派遣して、かつ派遣先の指示命令のもとで労働サービスを提供する雇用形態」のことになります。
それに対して業務請負(アウトソーシング)とは「請負契約(当事者の一方(請負元)が相手方に対し仕事の完成を約し、他方(請負先)がこの仕事の完成に対する報酬を支払うことを約することを内容とする契約)に基づき、製造、営業など業務を一括して請け負う形態」になります。

そのため、労務提供者(契約スタッフ)に対する「指示命令」も人材派遣と業務請負では異なります。
「派遣元会社」が労働者派遣契約を結んでいる「派遣先会社」から依頼され、「スタッフ」を派遣し、業務を遂行する事をいいます。 「スタッフ」への業務上の指示は、「派遣先会社」の担当者より直接行われます。 給料の支払い、社会保険や雇用保険等についての手続きは「派遣元会社」との間で行います。
「請負元会社」が業務請負契約を結んでいる「請負先会社」から業務を依頼され、遂行する事をいいます。 「スタッフ」は、「請負元会社」と雇用もしくは業務委託契約を結びます。 「スタッフ」への業務上の指示は、「請負元会社」の担当者より直接行われます。 給料・請負料の支払い、社会保険や雇用保険等についての手続きは、業務請負元会社との間で行います。
比較例

人材派遣で「営業」の人材が自社に赴任してきた場合
→「労務提供者(契約スタッフ)本人」と直接、業務の打ち合わせから業務進捗状況の確認、業務に対する指示・命令などが行える。

業務請負(アウトソーシング)で「営業」の人材が業務遂行する場合
→「労務提供者(契約スタッフ)本人」に直接、業務に関する打ち合わせ・確認・指示・命令はできない。
  ※業務に関することは「請負元会社」としかやりとりできない。
  ※自社内のスペースで業務を遂行していても、同様である。

ボックス下
最後に

認識違いにより、結果的に「偽装請負」などの問題点が発生するケースもあります。雇用契約と依頼内容の認識不足から裁判に発展するケースもありますので、人材派遣と業務請負の違いをよくご理解いただいたうえで、依頼をしていただくようお願いします。

ボックス下
背景下
Powered by WORK-J.Inc  Copyright©WORK-J. All rights reserved.